スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.12.17 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

primavera

先週はMADE EXPOがあり、建築資材の展示会で土曜日はお客さんとshowroomを見て回りよく歩いた週末でした。すでにミラノサローネまで一ヶ月をきり、showroomも一部準備が始まっていて、入れず見て欲しかったお部屋が見れないという。。。

すっかりミラノも春っぽくなってきましたが今週はお天気も悪く、雨模様な日々です。

写真はお昼休みのお散歩コースの写真。





Che bella giornata!

今年は暖冬で今日はすっかり春の陽気なポカポカ日和でした。
写真は家の前にある公園の木。




EXPOがある2015年。ミラノは展示会の日程が前倒しだったり変更でどうなることやらです。

迎春 2015


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

今年はカウントダウンをduomoで知人と一緒に過ごしました。

みなさん乾杯のためにワインボトルを持ってきて、カウントダウンのあとはいつも広場は割れたグラスのかけらやプラスチックのカップでぐしゃぐしゃになりますが、今年は外で警官が荷物チェックしていて、ボトルを持っていたら没収、、、ということで年越しの前に先に乾杯してから広場に!

背が低いので人混みに埋もれ、10からカウントダウンするかと思いきや、あっけなくいつの間にか年越しして、花火が上がりと、慌ただしく終わりました。




Buone feste

 

パネットーネ

今日から12月、街はすっかりXmas。duomo広場のクリスマスツリーは今週末店頭です。


週末の土曜日と日曜日に今年を締めくくるイベント、第一弾。パネットーネの見本市が開かれました。パネットーネはミラノ発祥のクリスマスの時期に食べられるパンのようなケーキですが、この展示会には北イタリア中心に各地のお菓子屋さんのパネットーネが出展していて、会場では味見ができその場で購入できます。

スーパーのパネットーネと比べ物にならないくらい。私はしっとりした甘さ控えめのパネットーネが好きです。


今年私が買ったのは写真左下のpasticceriaでMauro Morandinという、Aostaのパネットーネで、pane bagnato nel vino,,,ととmoscatoが入った、パネットネ。直前に知人から同じ地域で、マロングラッセにシャンパンの味のパネットーネがとろけるときいていたが、ここではなかったよう、、、です。


そして今年はなんと日本からの出展もあり。




イタリアで修行されたという方のお店。生姜味をたべました。風呂敷で鮮やかにラッピングされていて、プレゼントにはいいかなと。

この時にしかたべれないような珍しい味のものも食べられるので、ついついパクパクと食べ、最後はうげうげとなり、全て同じような味にみえてきます。家族をお持ちの方たちは今年の年末年始を過ごすべく大量に買って帰られます。お歳暮のようなもので、職場でも配ったりと。

今年はどれだけ食べることになるやら。。。

穏やかな週末 - i bologna

昨日は、今年の夏にルームシェアで短期滞在していたイタリアンのコックの修行でイタリアにやってきたKくんの就職先で現在働いているお店のi bolognaに、私たちの大家さんのN親分の車で、同じアパートの住民でランチに行ってきました。


エントランス。このお店の周りは本当に何もなくて田舎で空気が美味しい。

裏にアグリツーリズモもあり滞在ができます。
夏はお庭でたべれるので次回は庭で食べたい。


左上はお突き出し、右上はantipastoにvitello con tonnato 子牛とツナソース、左下、地域(piemonte)の名物のagnolottiのラビオリ、右下がセコンドでcavallo馬の煮込み。

今の時期のポルチーニは他の方達が食べられていたので少し味見。

そして肝心の白トリュフを食べてないということで、セコンドの後で、再度プリモで一皿tagliolini con tartufoを4人でシェアしました。


そのあとはKくんお任せドルチェ。




この地域の名物のnocciolaのジェラートは大家さんも絶賛。

気取った感じでもなくて、カジュアルすぎでもなく、ワイナリーも持っているだけにワインとの組み合わせもよく(といいつつ私はあまりワインが飲めませんが)、小うるさく下の肥えた方々も大変ご満足の様子で楽しい土曜日の1日でした。

ワイナリーは予約必須です。今回はこのお店が経営しているワイナリーには伺うことはできませんでしたが、アポなしで行こうとして、日本からきたとかいって、無理やり開けてもらおうとする大家さんのかなりポジティブ精神にはあっぱれでした。



残暑お見舞い申し上げます。

 

スカラ座付近の写真を撮りにいっていたら、こんな風景に。


オペラの殿堂スカラ座ですが、バレーも行われるので、バレリーナの卵かなと。

8月

今年のイタリアの夏は涼しいを通り越して寒いくらいで、地球温暖化の影響かしらと言われているところです。

そんな7月にアパートに今若い、これからイタリアで修行するべくやってきたコックさんの子が来て、アパルトマン会。Y子さんのテラスでアパートの住人や知人を読んでCenaでした。


魚介類のコース。大皿にこんもりとしたパスタは迫力あります。
同じ素材を使ってもコックさんが作ると、一手間ふた手間が加わっていて、スーパーの食材がぐっとおいしくなります。

またその後雷が近くまで来て、お開きころに大雨が。。。


落書き

先週まで一ヶ月間美術高校生の子たちが二人きていて、一ヶ月の研修がおわり、最終日は今までしたこと、学んだことをまとめて、photoshopでまとめるという作業をしていました。

スタジオにいる猫をモチーフにして、メンバーの絵を書いたエリカの落書きが女性はキャラクターをつかんでいておもしろかったので、アップ・・・笑


Venezia

先週は精華大学の恩師T先生ご夫妻と妹さんがこられて日帰りヴェネツィアに行ってきました。

リアルト橋→レストランでランチ→サンマルコ広場→ゴンドラでヴェネツィアの名所観光→サン・ジョルジョ・マッジョーレ島へ、教会でテンィントレットの最後の晩餐鑑賞、その後展望台へ→ホテルダニエリでお茶→駅へ戻りつつお土産散策

と日帰りなだけに慌ただしく、名所をつまみぐいした一日でしたが、ゴンドラは歩いてベネツィアをみているときとは違った目線で名所をみることができて、かつ乗っているだけなのでちょっと休憩にもなって、ゆったりとすることができました。





↓ 下の写真はヴェネツィアビエンナーレの建築展の展示で上から眺めた杉本博司さんのガラスの茶室。



<< | 2/52PAGES | >>

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM